次へ上へ

悠生会では、全てのスタッフにキャリアアップステージを用意しております。
多様な職種に中から、本人の希望や適性に応じてスキルアップの場を設けあなた自身のキャリアビジョンを描くことができます。
「スタッフの学びたい」とうい想いを私たちは応援します。悠生会では、スタッフのワーク&ライフバランスを尊重し、ライフステージに合わせた働き方の選択肢を拡げる為に、「ルートチェンジ制度」における「働き方選択」が可能です。
また、「退職者再雇用制度」などを設けており、職員がキャリアアップする為に必要な環境を整えています。

職場風景

モデルケース

01同職種キャリアアップ

介護職員

介護職員Model※実際の職員のキャリアップ実績
  • 21歳:入職

  • 26歳:指導職

  • 29歳:管理職

  • ?歳:上級管理職

02異職種キャリアアップ

生活相談員

介護職員から生活相談員Model※実際の職員のキャリアアップ実績
  • 23歳:入職

  • 26歳:介護職

  • 30歳:介護職

  • 34歳:主任生活相談員

法人内に数多くのサービスを持つ悠生会だからこそ職種を越えてキャリアップできます。

資格取得費用助成制度

ケアマネージャー・介護福祉士・社会福祉士・社会福祉主事 等

  • ルートチェンジ制度

    ライフステージに合わせ、「一般」「パート」「働き方選択」の3つの「働き方を選択することができます。
    制度を利用することで、職位を保持しつつ、次期のキャリアアップを目指すことができます。

  • 退職者再雇用制度

    自身が希望すれば、社会経験、他施設でのキャリア形成を経て、悠生会へ復職することができます。
    また、育児や介護等ご家庭の事情等で、一旦職場を離れたとしても、築いてきたキャリアをそのまま引き継ぎ復職が可能です。

    ※制度使用には一定の要件があります。

  • 介護・看護技術習熟度チェックシート入職1年未満3ヶ月ごと入職1年以上は年2回

    自身の技術の習熟度を知ることができる仕組みです。上長との面談を設け、課題を共有し的確なアドバイスを受けることができます。

  • 介護・看護(ケア)力評価表

    レーダーチャートシートにて、ケア力を見える化することで、自分自身の弱みと強みを知ることができ、さらなるスキルアップを目指せます。

スキルアップ

  • 未経験

  • 実務者研修

    • 費用は全額法人負担!
    • 受講日は勤務扱い
  • 介護福祉士

    • 実務者研修修了後、実務経験3年
    • 受験料補助(合格の場合)
  • 介護支援専門員

    • 介護福祉士取得後、実務経験5年
    • 受験料補助(合格の場合)

OJT

介護プロフェッショナル段位制度によるレベル認定
介護技術チェックシートによる自己の成長度確認

OFFJT

新任職員研修、中堅職員研修、リーダー研修、専門研修(認知症、食事、排せつ、接遇etc)

待遇・処遇

  • 契約職員(年収250万~)

    • 1年単位の有期雇用契約
    • 職能給(150,700円以上)+諸手当(夜勤手当)
    • 賞与(年2回:2ヶ月)
    • 介護実務者研修修了
    • 勤怠良好
  • 一般職(J)(年収350万~)

    • 無期雇用契約
    • 職能給+諸手当(業務手当、扶養手当etc)
    • 賞与(年2回:実績4.95ヶ月)
    • 人事考課及び勤怠良好
    • 上長の推薦
    • 昇格試験
  • 一般職(S)(年収440万~)

    • 昇給・昇格
    • 役職任免
    • 人事考課及び勤怠良好
    • 上長の推薦
    • 昇格試験
  • 一般職(M)(年収470万~)

    • 昇給・昇格
    • 役職任免

キャリアアップ

キャリアアップ

ワーク&ライフバランス

リフレッシュ休暇制度

リフレッシュ休暇制度

5連休(有給休暇3日+公休2日)×年2回

MY記念日休暇制度

MY記念日休暇制度

1日×年2回

半日有給休暇制度

半日有給休暇制度

AM・PMの半日単位での有給取得

働き方

ルートチェンジ制度

ルートチェンジ制度

ライフステージに応じて下記の3つの雇用形態が選択可

  1. 一般職員
    (週40時間、夜勤有、役職任免有、異動有)
  2. 働き方選択職員
    (週30時間以上、時間・曜日・夜勤選択可)
  3. パートタイマー
    (週20時間以上、時間・曜日選択可)

退職者再雇用制度

退職者再雇用制度

結婚・育児・介護・異業種・同業他社経験による退職後、5年以内の優先的な再雇用を認める制度

育児・介護短時間勤務制度

育児・介護短時間勤務制度

勤務時間を30分単位で選択可(6時間~7時間30分までの間)

次へ上へ